医療の中でも足の治療でおもしろいことをしたことです。もし足以外なら仕事が厳しいと思うことがあるのです。

医療の中でも足の治療は簡単です

医療の中でも足の治療は簡単です

医療の中でも足の治療は簡単です

私は最近大怪我しました。
とても痛い目なあいました。
まず最初に寝ようとして布団に入った時に右足の小指の爪をはがれてしまいました。
血が出て激痛が走りました。
翌日柱に直撃をしましてヒビが入ってしまいました。
治療に行くと久しぶりにレントゲンを撮りました。
やはりはっきりと見つかってしまいました。
なんとか湿布で大丈夫といわれました。
少し残念でした。
これでは普通に歩けるじゃないですか。私ならそこで固めてほしかったです。
それならおもいきってぶつけてみようと思いました。
そして医療の中でもうれしいことばかりが起きることを祈っています。
三度目が来ることが必ず存在します。
その時は薬で対応しましたので完治してしまいました。

でも腫れたらうれしいですよね。私の意見ですが。第一まず歩くことが困難になるし痛みが増してくることですし何をするにも厳しいことですし本気なら数ヶ月以上ですし小指たげなら数週間だけです。

でもどうして外科と整形外科では診察方法が違うのですか。通常は外科でも見てくれないと医者として失格ですね。こんな紹介状なんて渡されても本当に困りますよ。何のためにそこにいったのかわからないことだらけです。
長時間待たされたあげる不合格ですよ。二倍の料金がかかってしまいます。
片足なら幸せだが両足なら車椅子でしか動かせない。まぁ骨折をしても運が良いことばかりなので失礼なことだが私は喜ばれないしどうせ骨折になるなら豪快に診断をしてもらうこれが常識だと思います。
もし固定したら何回が通院して少し割って新しいのを作らないといけません。その時かゆみと形が残ると思います。
最低三回は必要かなぁとね。どうせなら絵や文字を記念どうです。

その他いろいろ体験をしたことがありますが続きは次回にしておいて手首なら私は仕事が厳しいかもしれません。足なら隠すことが出来るのでばれたりは出来ないと思うようになったのです。
少し重たい間隔がいいのかもしれないです。

Copyright (C)2016医療の中でも足の治療は簡単です.All rights reserved.